FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア作成にサーフェイサーを使ってみた。

台風24号が過ぎたと思えば、再び台風。
25号も大変な勢力とのことで、今後の進路が気になりますね。


そしてフィギュア作り、着々と進んでおります。
先日購入した、サーフェイサーを使った様子をご紹介。

どどんっ!

DSC_0073.jpg

つやつや♪

しかし試してみた結果、サーフェイサーは、人体のフィギュアを作るには非常に相性が悪いことが分かりました。
ひとまず、過程をご紹介。

DSC_0062.jpg

とりあえず吹き付けてみたら、まずはサーフェイサーが粘土の毛羽立ちについてかなりガサガサになりました。
乾かして、毛羽立ちに付いたサーフェイサーのダマを指で擦り落としました。
そしてガサガサの部分に、目の細かいヤスリでヤスリがけ。

サーフェイサーかけてみる
再びサーフェイサーを吹いて、またヤスリがけ。
2度目になると、かなり見れるような姿になりました。

同じ工程を3度ほど繰り返した後、特に目の細かいヤスリをかけました。

サーフェイサーはキズ隠しには良く、ものすごくフィギュアらしく、人体らしく見えるようになりました。
ですが、この後試しに絵の具を塗ってみたところ、「絵の具が塗れない」という事実が判明。
水を弾いてしまって全く絵の具が乗りません。

これが非常に困る。
これを解決する手段はすぐに思いついたんですが、このサーフェイサーを吹くという工程が無駄になります。
コスパ悪いとかいうレベルじゃなくて、完全に無駄銭使うハメになるようです。

「キズを隠しつつ、ヤスリがけをしてよりキレイに仕上げ、色を塗ると非常にキレイになるのではないだろうか」
という仮説は脆くも崩れ去りまして。
「粘土の時点で、ヤスリがけと粘土による補修を繰り返して完成度を高めておく」
という方法がベターのようです。

次はこれに色を塗ります。
このフィギュアは、次の色塗りでひと段落となります。
頭を作ろうか作るまいか、途中ずっと迷ってましたが、今回で得たノウハウを生かして、次のフィギュアで、頭も含めて作ろうかと思います。

次はもっと安く作れるようにします。
今回のフィギュアは、多分1500円~2000円ぐらいかかってます。
何とか頑張って、1000円以内で作れるようにしたいです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。